Crypto

【簡単】Pancake Swap の始め方|使い方を徹底解説【Defi入門】

【簡単】Pancake Swap の始め方|使い方を徹底解説【Defi入門】

  • Defi初心者はPancake Swapがおすすめって聞いたけど、始め方がよく分からない、、
  • Defiをそもそも理解できていないけど大丈夫かな、、

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Defi(ディファイ)とは?|Pancake Swapを始める前の基礎知識
  • Pancake Swapを始める前の事前準備【7ステップ】
  • Pancake Swapの始め方・使い方【5ステップ】

 

はっち
こんにちは!暗号資産ブロガーのはっちです。暗号資産の情報収集や取引を日々行なっています。

 

「Pancake Swap」を使えば、安定的に年利50%以上でお金を増やすことも夢じゃありません

本記事では、「完全にDefi初心者の方」でも分かりやすいように解説していきますね。

それではさっそくまいりましょう。

 

Pancake Swapを利用する前に

Pancake Swapは有名なサービスなので安全性は高いですが、もちろんリスクもあります。CAKEの暴落やハッキング、送金ミスなどのリスクを理解した上で、利用する際は自己責任でお願いします。

 

Defi(ディファイ)とは?|Pancake Swapを始める前の基礎知識

まずは上記の動画見るのがおすすめです。様々な動画を見ましたが、こちらは情報量がちょうど良く、とてもわかりやすいですよ。

 

20分程度でDefiの基礎が理解できるので、ぜひ一度ご覧ください。

 

上記動画をご覧いただいた上で、さらに理解を深めていきましょう。

※「Defiの説明はいいから、早くPancake Swapを始めたい!」という方は、「Pancake Swapを始める前の事前準備【7ステップ】」からご覧ください。

 

Defi(分散型金融)とは?

Defiとは

Defi(分散型金融)とは、Decentralized Financeの略語で、ざっくりいうと「管理者のいない金融の仕組み」のこと。

 

銀行や証券会社、生命保険会社などの金融サービスは、仲介者である企業が存在しています。

対してDefiは、銀行などの仲介業者が存在せず、全ての取引はブロックチェーン上のスマートコントラクト(自動取引)を用いて実行されます。

※ブロックチェーンとは?(外部リンク)
※スマートコントラクトとは?(外部リンク)

 

簡単に言うと、銀行の代わりにブロックチェーンを使うことで、管理者がおらず、個人間でやり取りできる金融システムを作ろう!ということです。

 

 Defiの特徴

  • 本人確認や複雑な手続きが不要
  • 手数料が安い
  • 世界中どこの地域でも利用可能

 

Defiには上記の特徴があるため、これまでの金融サービスを一変させることが期待されています。

 

なお、厳密にはPancake Swap=Defi(分散型金融)ではありません。Pancake Swap= DEX(分散型取引所)です。

 

DEX (分散型取引所)とは?

DEXとは、Defi(分散型金融)の一種であり、日本語にすると「分散型取引所」のこと。主にイーサリアム上のスマートコントラクト(契約の自動化)を利用しており、個人間の取引を可能としています。

※スマートコントラクトとは?(外部リンク)

 

噛み砕いていうと、

  • Defi(分散型金融)=猫
  • DEX(分散型取引所)=ロシアンブルー

みたいな感じです。

 

図にすると以下ですね。

DEX (分散型取引所)とは?

 

要するに「Defiという概念の中に、DEXが含まれている」ということです。

 

なお、DEXの反対に、CEX(中央集権型取引所)があります。

  • DEX(分散型取引所)
    Pancake SwapやUniswapなどのように、管理者が不在のため、ユーザー同士が直接取引可能な取引所のこと。
  • CEX(中央集権型取引所)
    CoincheckやbitFlyerなどのように企業が運営しており、管理者が存在する取引所のこと。

 

はっち
なんとなくイメージは掴めたでしょうか?続いて、いくつか有名なDEXをご紹介しますね!

 

有名な3つのDEX(分散型取引所)

DEXは、PancakeSwap以外にもさまざま存在しています。

例えば以下が有名ですね。

  • Compound(コンパウンド)
  • UniSwap(ユニスワップ)
  • Sushi Swap(スシスワップ)

 

 Compound (コンパウンド)

 Compound (コンパウンド)

2018年9月に誕生したDefiの火付け役となったDEX。主にお金の貸し借りができます。

Compound では、2020年の6月、利用者に「COMP」と呼ばれるガバナンス(政治)トークンが配布されました。

 

当初は「Compoundの運営(政治) に参加できる権利」として、金銭的価値がない状態で発行されましたが、みるみる価値が付いていき、2021年の5月には、一枚あたり9万円まで価値が暴騰。

 

このように当初は価値のなかったガバナンストークンに大きな価値が付いたことで、「Defi(DEX)は儲かる!」と巷で話題になり始め、急速に様々なDEXが登場し始めました。

 

 UniSwap(ユニスワップ)

 UniSwap(ユニスワップ)

Pancake Swapと同様、もしくはそれ以上に有名なDEX。

Pancake Swapと同じくAMM(自動マーケットメーカー)形式のDEXで、コインを自動的に「交換」できます。

 

また、イーサリアムのブロックチェーンを利用しており、独自のガバナンストークンであるUNI(ユニスワップ)を発行しています。

とても人気があり、取引量の非常に多いDEXですね。

 

 Sushi Swap(スシスワップ)

 Sushi Swap(スシスワップ)

2020年8月に設立された「UniSwap」をベースに作られたDEX。

ガバナンストークンとしては、「SUSHI」を発行しています。

 

設立当初はミーム的(おふざけ)プロジェクトと認識されていましたが、海外の取引所である「Binance」と「FTX」に上場するなど、信頼性のあるDEXとして成長しています。

 

PancakeSwapを始める前の事前準備【7ステップ】

PancakeSwapを始める前の事前準備【7ステップ】

まずは簡単にPancakeSwapについて理解しましょう。

 

 PancakeSwapとは?

BSC(バイナンススマートチェーン)を利用したDEX(分散型取引所)のこと。

>>DEXとは?

 

なお、PancakeSwapでは以下のようなことができます。

  • スワップ
    暗号資産を交換すること
  • ファーミング
    2つの異なる暗号資産をペアで預けてCAKEをもらうこと
    ※「イールドファーミング」や「流動性マイニング」などとも呼ばれます。
    ※「CAKE」はPancakeSwapのガバナンストークンです。
  • ステーキング
    1つの暗号資産を預けて報酬をもらうこと

 

ざっくりPancakeSwapを理解できたところで、さっそく始めていきましょう。

 

 事前準備

なお、実際にファーミングやステーキングなどを行ってお金を増やす前に、以下の準備が必要です。

 

はっち
初めての方は訳わかんないかもかもしれませんが、ご安心ください!一つずつ丁寧に解説していきますね!

 

①国内取引所(GMOコイン)と海外取引所(Binance)の口座開設

まずは、暗号資産取引所の口座を開設しましょう。

  • 国内取引所(GMOコイン)
    →BTC(ビットコイン)の購入に必要
  • 海外取引所(Binance)
    → PancakeSwapで使うBNB(バイナンスコイン)の購入に必要

 

それぞれ以下の記事で、口座の開設方法を紹介しています。

>>【スマホで簡単】GMOコインの口座開設方法【初心者向け】

【スマホで簡単】GMOコインの口座開設方法【初心者向け】
【スマホで簡単】GMOコインの口座開設方法【初心者向け】

続きを見る

 

はっち
PancakeSwapを始めるにあたっては、暗号資産の送金手数料が無料な「GMOコイン」がおすすめですよ!

>>Binanceへの送金にはGMOコインがおすすめな理由

 

>>【スマホで簡単】Binance(バイナンス)の口座開設・アカウント登録方法

【スマホで簡単】Binance(バイナンス)の口座開設・アカウント登録方法
【スマホで簡単】Binance(バイナンス)の口座開設・アカウント登録方法

続きを見る

 

②暗号資産(BTC)の購入

取引所(GMOコイン)の口座開設が完了したら、次にBTC(ビットコイン)を購入していきましょう。

 

購入したBTCは、後ほどBinanceへ送金して、「BNB(バイナンスコイン)」を購入する元手として使います。
※ETHなど、他の暗号資産でもBNBを購入できるので、お好きなものでOKですよ。

 

初めての方は、2〜3万分ほど購入するのがおすすめです。

 

はっち
金額が多すぎると怖いですし、少なすぎるとPancakeSwapでお金が増える感覚を味わえないので、まずは適度な金額で試しましょう!

 

なお、購入方法は以下の記事で解説しています。

>>GMOコインでビットコインを購入する方法|現物取引・成行注文

GMOコインでビットコインを購入する方法|現物取引・成行注文
GMOコインでビットコインを購入する方法|現物取引・成行注文

続きを見る

 

③ウォレット(MetaMask)のインストール

続いて、暗号資産を入れるためのウォレットをインストールしましょう。

 

ウォレットは、最もポピュラーな「MetaMask」をインストールしていきます。

このウォレットと接続することで、PancakeSwapを利用できるようになります。

 

はっち
PancakeSwapに直接日本円やBTCを預けることはできません。そのため、海外取引所でBTC→BNBに替えて、BNB→MetaMaskに送金する必要があります!

 

ウォレット(MetaMask)のインストール方法は以下の記事で解説していますよ。

>>MetaMask(メタマスク)をGoogle Chromeにインストールする方法|初期設定【初心者でも簡単】

メタマスク Google Chromeへのインストール方法
MetaMask(メタマスク)をGoogle Chromeにインストールする方法|初期設定【初心者でも簡単】

続きを見る

 

④MetaMaskをBSC(バイナンススマートチェーン)に接続

MetaMaskのインストールが完了したら、BSC(バイナンススマートチェーン)に接続していきましょう。

 

MetaMask をBSCに接続しないと、PancakeSwapを利用できません。

なぜなら、Binance→MetaMaskへBNB(バイナンスコイン)を送金する際に、MetaMaskがBSCに接続されている必要があるからです。

 

以下のイメージ図をご覧ください。

 ①イーサリアムチェーン

イーサリアムチェーン

MetaMaskにデフォルトで接続されています。ETH」の送金は可能ですが、「BNB」の送金はできません。

 

 ②バイナンススマートチェーン(BSC)

BSC(バイナンスチェーン)

デフォルトで接続されていないため、接続設定が必要です。①とは逆で、「BNB」の送金は可能ですが、「ETH」の送金はできません。

 

上記のとおり。イメージがつかめたら、以下の記事を参考にMetaMaskをBSCに接続しましょう。

>>MetaMask(メタマスク)にBSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法|設定手順を3ステップで解説

MetaMask(メタマスク)にBSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法
MetaMask(メタマスク)にBSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法|設定手順を3ステップで解説

続きを見る

 

⑤GMOコインからBinanceへBTCを送金

続いては、先ほど購入したBTC(ビットコイン)をBinanceへ送金していきます。

 

この作業をすることで、BinanceでBNB(バイナンスコイン)が買えるようになります

 

具体的な手順は以下の記事をご覧ください。

>>GMOコインからBinance(バイナンス)へビットコインを送金する方法

GMOコインからBinance(バイナンス)へビットコインを送金する方法
GMOコインからBinance(バイナンス)へビットコインを送金する方法

続きを見る

 

なお、上記の記事ではBTCの送金方法を解説していますが、どのコインでも手順は同じですのでご安心ください。

 

⑥BinanceでBNB(バイナンスコイン)を購入

BinanceへBTCなどの暗号資産を送金できたら、その暗号資産を元手にBNBを購入しましょう。

PancakeSwapはBSC(バイナンススマートチェーン)を利用したDEXなので、取引の際に発生する手数料は、全てBNBで支払います。

 

また、後ほどPancakeSwapでBNBとCAKE(暗号資産)を交換するので、初心者の方は余裕を持って2〜3万円分ほどのBNBを購入しておくのがおすすめです。

 

具体的な手順は以下の記事をご覧ください。

>>Binanceで仮想通貨(BNB)を買う方法|2パターンの購入(交換)方法を解説

Binanceで仮想通貨(BNB)を買う方法|2パターンの購入(交換)方法を解説
Binanceで仮想通貨(BNB)を買う方法|2パターンの購入(交換)方法を解説

続きを見る

 

⑦BinanceからMetaMaskへBNBを送金

BNB(バイナンスコイン)が手に入ったら、MetaMaskへ送金していきます。

 

 MetaMaskへBNBを送金する理由

PancakeSwapにBNBなどを預けて報酬を得るには、暗号資産専用のウォレット(MetaMask)が必要だからです。

※PancakeSwapへ暗号資産を預けて報酬を得ることを「ファーミング」や「ステーキング」と呼びます。

 

PancakeSwapへの預け入れは、取引所から直接行うことはできません。

そのため、以下のような手順を踏む必要があります。

  1. Binance→MetaMaskへBNBを送金
  2. MetaMask→PancakeSwapへBNBを預け入れ

 

MetaMaskへBNBを送金する理由が理解できたら、さっそく送金していきましょう。具体的な手順は以下の記事をご覧ください。

>>Binance(バイナンス)からMetaMaskにBNBを送金(入金)する方法【BSC経由】

Binance(バイナンス)からMetaMaskにBNBを送金(入金)する方法【BSC経由】
Binance(バイナンス)からMetaMaskにBNBを送金(入金)する方法【BSC経由】

続きを見る

 

はっち
お疲れ様でした!これで事前準備が全て完了です!次に、Pancake Swapを実際に始めてみましょう!

 

Pancake Swapの始め方・使い方【5ステップ】

Pancake Swapの始め方・使い方【5ステップ】

Pancake Swapを始める前に、少しおさらいしましょう。

 

 PancakeSwapとは?

BSC(バイナンススマートチェーン)を利用したDEX(分散型取引所)のこと。

>>DEXとは?

 

なお、PancakeSwapでは、以下のようなことができます。

  • スワップ
    暗号資産を交換すること
  • ファーミング
    2つの異なる暗号資産をペアで預けてCAKEをもらうこと
    ※「イールドファーミング」や「流動性マイニング」などとも呼ばれます。
    ※「CAKE」はPancakeSwapのガバナンストークンです。
  • ステーキング
    1つの暗号資産を預けて報酬をもらうこと

 

それでは、さっそくPancake Swapを始めていきましょう。

この記事では、上記のスワップからステーキングまで、Pancake Swapでできることを全て行っていきます。

 

はっち
Pancake Swapをフル活用していきましょう!

 

以下の手順で進んでいきますね。

 

それでは順番に取り組んでいきましょう。

 

Step 1:MetaMaskをPancake Swapに接続

MetaMaskにBNB(バイナンスコイン)を入金できたら、Pancake Swapと接続させていきましょう。

 

はっち
接続することで、MetaMask内のお金をPancake Swapで使えるようになりますよ!

まずは『Pancake Swap』にアクセスしましょう。

 

1.『Pancake Swap』にアクセスしたら、初めに言語を日本語に設定します。地球儀マークにカーソルを合わせて、「日本語」をクリック

MetaMaskをPancake Swapに接続

 

2.画面中央の「ウォレットを接続」をクリック

MetaMaskをPancake Swapに接続

 

3.「MetaMask」をクリック

MetaMaskをPancake Swapに接続

 

4.MetaMaskが起動するので、「次へ」をクリック

MetaMaskをPancake Swapに接続

 

5.「接続」をクリック

MetaMaskをPancake Swapに接続

 

6.MetaMaskの左上に「接続済み」と表示されたらOKです
※接続できない方は、ネットワークが「BSC Mainnet」になっているか確認しましょう。

MetaMaskをPancake Swapに接続

 

Step 2:Pancake SwapでBNBをCAKEに交換【スワップ】

Pancake SwapとMetaMaskが接続できたら、次に、BNB(バイナンスコイン)をCAKEに交換していきましょう。

 

 CAKEとは?

Pancake Swapのガバナンストークンのこと。Pancake Swapに対して暗号資産を預ける(流動性の提供)ことで、その報酬としてもらえます。

 

 ガバナンストークンとは?

議決権を持ったトークン(暗号資産)のこと。ガバナンストークンの所有者は、コミュニティやサービスで何かを決める際、投票・提案等を行うことができます。

 

本記事では、後ほど「CAKEとBNB」をペアにしてファーミング(預ける)するので、まずはBNBの一部をCAKEに交換していきます。

 

詳細は以下の記事をご覧ください。

>>【簡単】PancakeSwapで暗号資産をスワップ(交換)する方法|BNB→CAKE

【簡単】PancakeSwapで暗号資産をスワップ(交換)する方法|BNB→CAKE
【簡単】PancakeSwapで暗号資産をスワップ(交換)する方法|BNB→CAKE

続きを見る

 

Step 3:BNBとCAKEをファームに預けてCAKEを収穫【ファーミング】

ここからは、Pancake Swapのメインである「暗号資産を預けてCAKEを収穫する=ファーミング」手順を解説していきます。

 

その前に、ファーミングなどについておさらいしましょう。

  • ファーミング
    2つの異なる暗号資産をペアで預けてCAKEをもらうこと
  • ステーキング
    1つの暗号資産を預けて報酬をもらうこと

 

はっち
ステーキングも後ほど行いますよ!

 

そして、ファーミングの流れとしては以下のとおり。

  1. 暗号資産のペアを預けて「流動性の提供」を行うことで「LPトークン」をもらう
  2. LPトークンを「ファーム」に預ける
  3. たまった「CAKE」を収穫する

 

 流動性の提供とは?

Pancake SwapなどのDEX(分散型取引所)に対して、暗号資産のペアを預けることで、取引可能な通貨量を増やすこと。取引可能な通貨ペアが増えると、そのDEXにおいて、様々な通貨の取引(交換など)が可能になります。

 

 LPトークンとは?

「Liquidity Provider(流動性提供者)トークン」の略称で、Pancake SwapなどのDEX(分散型取引所)に流動性を提供する対価としてもらえるもの

例えば、CAKEとBNBのペアで預けると、「CAKE-BNB LPトークン」がもらえます。LPトークン自体に価値はなく、流動性を提供した通貨ペアを回収する際に必要となる「証明書」のようなものですね。

 

なお、ファーミングの具体的な手順は以下の記事をご覧ください。

>>PancakeSwapでCAKEを収穫する方法|イールドファーミング【流動性マイニング】

PancakeSwapでCAKEを収穫する方法|イールドファーミング(流動性マイニング)
PancakeSwapでCAKEを収穫する方法|イールドファーミング【流動性マイニング】

続きを見る

 

Step 4:ファーミングで手に入れたCAKEをプールに預けて増やす【ステーキング】

Step 3のファーミングによって手に入れた「CAKE」には、以下のような使い道があります。

  1. 他の暗号資産と交換する
  2. 「CAKEプール」に預けてさらに増やす
  3. 保有し続けてCAKEの価値上昇を待つ

 

ここからは、「②CAKEプールに預けてさらに増やす」を紹介していきます。

 

はっち
投資したお金で得た利益を、さらに投資して増やすイメージですね!

 

興味のある方は、以下の記事をご覧ください。

>>【儲かる】PancakeSwapで収穫したCAKEをプールでさらに増やす方法【ステーキング】

【儲かる】PancakeSwapで収穫したCAKEをプールでさらに増やす方法【ステーキング】
【儲かる】PancakeSwapで収穫したCAKEをプールでさらに増やす方法【ステーキング】

続きを見る

 

Step 5:ファームとプールに預けたトークンを回収

最後に、Pancake Swapに預けた暗号資産の回収方法をご紹介します。

運用が終わったら、元本を回収するのを忘れないようにしましょう。

 

ファームとプール、それぞれの回収手順は以下のとおりです。

 ファームに預けた通貨ペアを回収する手順

  1.  「ファーム」でLPトークンを回収
  2.  回収したLPトークンを元の暗号資産に戻す

 

 プールに預けたトークンを回収する手順

  1.  「プール」からCAKEを回収
  2.  CAKEを有効活用(他の通貨に交換など)する

 

詳しい手順は以下の記事をご覧ください。

>>PancakeSwap|ファーミングやプールのステーキングをやめる方法【LPトークンの分解】

PancakeSwap|ファーミングやプールのステーキングをやめる方法【LPトークンの分解】
PancakeSwap|ファーミングやプールのステーキングをやめる方法【LPトークンの分解】

続きを見る

 

まとめ:Pancake Swapの始め方

Pancake Swapの始め方

今回はPancake Swapの始め方について解説してきました。

始めるにあたっては、以下の準備が必要でしたね。

 

 PancakeSwapを始める前の事前準備【7ステップ】

 

上記の事前準備が終わったら、いよいよPancake Swapでお金を増やしていけます。

 

手順は以下のとおりでしたね。

 Pancake Swapの始め方・使い方【5ステップ】

 

なお、今回は以下の流れでファーミングを行いましたが、使用する暗号資産はお好きなものでOKです。

 

預ける通貨ペアによってリスクとリターン(年利)が変わってくるので、ご自身の状況に合わせて、適切に運用していきましょう。

  1. BTCを元手にBNBを購入
    →ETHなどの他の暗号資産でもBNBの購入可能
  2. BNBを半分ほどCAKEに交換
    →CAKE以外の暗号資産に交換してもOK
  3. BNBとCAKEペアで預けてLPトークンをもらう
    →「BNBとBUSDT」などをペアにしてもOK
  4. LPトークンをファームに預けてCAKEをもらう

 

それでは今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

-Crypto
-

© 2022 Hachi Press Powered by AFFINGER5